ブログ Blog

【理想と現実のギャップ】「思っていた事と違って苦しい…」そんな悩みについて

こんにちは。パスセンター大船です。

本日、日中は暖かい日でしたが夕方になると

冷えてきましたね。

風邪を引かないようにご注意ください。

 

「○○だと思っていたのに、

実際はそうじゃなかった・・・」

そう思う出来事は多々ありますよね。

そんなとき、上手に気持ちを切り替えることが

できればいいですが、なかなか難しいときも

あるかと思います。

 

そんな時はどうしたらいいのか?

今日はそんなお話です。

 

・受かると思っていたテストで

 落ちてしまった

・やりたい仕事だと思っていたのに

 実際は全然違う業務内容だった

・美味しいと思って食べたのに

 自分の好きな味じゃなかった

 

このように、自分の【思っていた事】と違い、

落ち込んでしまうのはよくあることです。

 

 

そんなとき・・・

・気持ちを外に出してみる

気持を一人で抱えていると、どんどん

落ちこんでしまいます。

例えば、人に話をするだけで自分の

気持ちの状態を確認することができて、

落ち込んだ思考から抜けるキッカケになります。

 

・問題に対する視点を変えてみる

例えば、

「やりたい仕事だと思ったのに、

全然違う・・・辛い・・・」

そう思った時、少しだけ視点を

変えてみることが大切です。

【業務内容は全然違うけど、

取り組んでみると面白い仕事だ!】

など、辛い出来事にばかりシフトするのではなく

別の視点や考え方をしてみると、

気持が少し軽くなります。

 

・理想を調節してみる

最初からとても大きな理想を持つのではなく、

まずは一歩一歩、自分の可能な範囲で

目標や理想をもって、達成していきましょう。

 

・自分が今、持っているものを大事にする

もし仮にテストで落ちてしまっても、

今までの勉強した時間がなくなる訳では

ありません。自分がコツコツと勉強に

取り組んだ時間を振り返って、自信に繋げていきましょう。

 

・休息をとる

寝不足や疲れが溜まっていると

ネガティブな感情がでてきます。

そうなる前に、しっかり休息を

とって、前向き思考に回復させましょう。

 

いかがでしたか。

こんな風に、誰かに自分の気持ちを相談したりして、

上手く気持ちの切り替えが出来るといいですよね。

 

そんなとき!!!!

パスセンター大船では、利用者さんの

就労に関係する悩みや相談などはもちろん、

その他、自分の気持ちを気軽に相談できる

支援員が揃っています(`・ω・´)!

 

お電話やメール等でお気軽に見学・体験の

申し込みが可能ですので、

ぜひ、実際の事業所でパスセンター大船の

あったかい支援を体験してください…(´-`*)

 

在宅訓練時、電話やzoomでの相談も可能です♪

 

パスセンター大船ではオンラインによる

見学も実施中です。

 

まずはお気軽にお問い合わせください。

 

ご連絡お待ちしております☺

℡:0467-73-7199
✉:ofuna@passcenter.jp

お問い合わせ:こちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一覧へ戻る
お気軽にお問い合わせください
0467-73-7199